グローカルマネジメント副専攻プログラムとは

HOME » グローカルマネジメント副専攻プログラムとは

グローカルマネジメント副専攻プログラムとは

地球規模(Global)な視点から、地域(Local)創生をリードする人材(『グローカル人材』)を 育成する主専攻に加えて学ぶ副専攻プログラムです

「グローカル (Glocal)」とは、「地球規模 (Global)」と「地域 (Local)」の造語です。
グローバル化が急速に進む現代社会において、国際的な視野を持ちつつ、開学以来の伝統ある「ビジネス教育」、「質の高い語学教育」、「豊富な産官学のネットワーク」を通して、地域 (北海道)の経済発展に貢献できる人材育成を目指しています。

地域と世界の両脚を備えた人材 産学官のネットワーク 地域キャリア教育科目群、地球規模で経済・経営を学び、グローバルマインドを養う 言語文化教育科目群、外国語教育 言語文化教育科目群

●副専攻プログラムの概要

副専攻プログラムとは,学生の皆さんが所属する学科(経済学科、商学科、企業法学科、社会情報学科)で専門分野を学びながら,さらに地域と世界を結び,北海道経済の活性化を担う「グローバル人材」を育成する目的で設けられた教育プログラムを学習するものです。

副専攻プログラムを修了するためには,本学の卒業が認められ,かつ,プログラムの所定の単位を修得しなければなりません。

なお,副専攻プログラムで修得した単位は,最大18単位まで所属学科の卒業所要単位に算入することができます。

プログラム概要詳細は、こちらからご確認ください。

●履修方法等

副専攻プログラムの授業科目はプログラム概要詳細の別表1のとおりです。修了するためには下記の各科目区分から所定の単位を修得することになります。

  地域キャリア教育科目群・・・・・・・・・・・・・6単位以上

  グローバル教育プログラム科目群・・・・・18単位以上

  言語文化教育科目群・・・・・・・・・・・・・・・・6単位以上

                      合計  30単位以上

  ※グローバル教育プログラム科目群の「グローカルマネジメント入門」は必修です。

「グローカルセミナーI・II・III・IV」及び「研究論文」の5科目のうちから2科目4単位を選択必修とします。

●所属対象者

 副専攻プログラムを履修するには,所定の手続きを経て副専攻プログラムに所属することになります。

副専攻プログラムに所属できる者は,本学商学部に在籍する2年次以上の学生です。

 所属するためには,いずれかの学科に所属し,以下の要件すべてに該当する者でなければなりません。

 (1)所属手続時のGPA が原則として2.5以上の者。

 (2) 優れた語学力を有する者で,次の(1)から(4)に掲げる基準のうち,

   いずれか一の基準を満たす成績を有していること。

   1.IELTS 5以上

   2.TOEIC 550以上(TOEIC IPのスコアを含む)

   3.TOEFL PBT 480以上又は IBT 56以上(TOEFL ITPのスコアを含む)

   4.実用英語技能検定2級以上

 (3) 所属学科長の許可を得ている者

副専攻プログラムの本学学生の所属者数は30名程度です。

●所属の申請方法

副専攻プログラムへの所属を希望する場合は,2年次の4月末又は3年次の4月末までに所定の手続きにより申請手続を行ってください。

  (※手続きの詳細は別途通知します。)

●履修開始時期

 副専攻プログラムの履修開始は,後期(10月)からです。

ただし,科目によっては,1年次前期など所属前の早い段階から履修できる科目があります。

●修得単位の取扱い

 1.地域キャリア教育科目群の科目は,卒業所要単位に含めることができます。

 2.グローバル教育プログラム科目群の「グローカルマネジメント入門」、「グローカル

   セミナーI・II・III・IV」及び「研究論文」は卒業所要単位に含めることができません。

 3.言語文化教育科目群の「アジア、オセアニア事情」,「ヨーロッパ事情」,「アメリカ事情」は,

   卒業所要単位に含まれます。

●修了証書の授与

 副専攻プログラムの修了要件を充たした本学学生には『修了証書』を交付します。

また,成績証明書に副専攻プログラムを修了した旨を記載します。

◆本件に関する問い合わせ先◆

小樽商科大学教務課学部教務係

Tel:0134-27-5244

Mail:gakubu*office.otaru-uc.ac.jp

(*を@へ変更してお送りください)

▲ 上に戻る