学長のご挨拶

HOME » 学長のご挨拶

学長のご挨拶

「グローカルマネジメント副専攻プログラム」に寄せて

国立大学法人小樽商科大学長 和田 健夫

小樽商科大学は、地域と世界を結び、北海道経済の活性化を担う「グローバル人材」を育成することを目的とした『グローカルマネジメント副専攻プログラム』を平成27年度から始めました。

学生は、学科に所属しながら(主専攻)、同時に副専攻プログラムを学んでいきます。3つの科目群「地域キャリア教育科目」、「グローバル教育プログラム科目」、「言語文化科目」から合計30単位以上を修得することで副専攻の修了証書を授与されます。なお、30単位のうち最大18単位までは主専攻の卒業所要単位に参入することができます。

副専攻プログラムの特徴は、以下の4点です。

  1. 英語で経済学・経営学の基礎を留学生と共に学ぶことです。「グローカル教育プログラム科目群」の授業科目は、海外の協定大学からの留学生のための「短期留学プログラム」と、副専攻プログラムを合体させ、日本人学生と留学生がともに学ぶ環境を学内に作り出し、英語による知識の獲得を目指します。
  2. 地域社会と連携した教育です。本学は自治体、官公庁、地域企業との間に幅広いネットワークを有しています。このネットワークを利用して外部講師を起用し北海道の現状と課題について学ぶ講義を提供します。また、学生が街に出て、企業や団体と協力し合いながら課題に取り組むPBLを行います。これらの科目を学ぶことにより、地域視点を養い、地域社会の一員としての意識、意欲および責任感を育成します。
  3. 外国語と異文化理解について学ぶ言語科目を配置しています。1年目から4年間継続的に言語コミュニケーション能力を向上させる科目を履修することができます。
  4. プログラム履修者には海外留学の機会が与えられます。日本オラクルの元会長佐野力氏(本学卒業生)からの寄付金により基金を設立し、留学生には返還の義務がない給付型の奨学金が支給されます。
▲ 上に戻る