佐野力海外留学奨励金

HOME » 佐野力海外留学奨励金

佐野力海外留学奨励金

事業概要

本事業は、より多くの学生に入学後の早い時期に海外を経験させ、英語力の向上と国際感覚、現地対応能力の醸成を図り、より長期の留学へのステップとするべく、参加学生を経済面から支援することを目的としています。

参加学生は、参加基本経費(「渡航費」、「派遣先大学の授業料」、「滞在費」)のうち、「自己負担金5万円※」を大学に納めるだけで、留学に参加することができます。参加基本経費で、プログラムによっては総額で最大50万円程度かかるところ、その大半が佐野力氏の寄付金である「佐野力海外留学奨励金」により支給されます。

なお、この事業のプログラムの参加対象学生は「本学学部1・2年次生」です。

入学してから2年間の、この機会をぜひとも活用してください。

※この自己負担金の他、現地での一部食費やその他一定程度の個人費用が必要となります。

sanochikara02

プログラム内容

事業対象は、協定大学において3~4週間程度の英語の語学研修に参加する、以下の4つのプログラムです。

いずれも本学の専門共通科目である、通称「事情科目」として実施します。

1. オタゴ大学ブリッジプログラム ニュージーランド/アジア・オセアニア事情 

開講期:前期 募集人数:15名
オタゴ大学は、ニュージーランドの南島の街ダニーデンにある、ニュージーランド最古の大学です。商大の最初の協定大学でもあります。


2. マラヤ大学ブリッジプログラム 
マレーシア/アジア・オセアニア事情

開講期:前期 募集人数:15名
マラヤ大学は、マレーシアの首都クアラルンプールにある、国内トップクラスの大学です。

3. ウーロンゴン大学ブリッジプログラム オーストラリア/アジア・オセアニア事情

開講期:後期 募集人数:15名
ウーロンゴン大学は、オーストラリアの海外沿いの街ウーロンゴンにあります。シドニー国際空港から車で1時間程度の場所です。

4. カルガリー大学ブリッジプログラム カナダ/アジア・オセアニア事情

開講期:後期 募集人数:15名
カルガリー大学は、カナダのアルバータ州南部の街カルガリーにあります。1998年冬季オリンピックの開催都市で、キャンパス内にもオリンピックで使用された施設があります。

※プログラムによっては、語学研修の前後に別の口・地域に立ち寄り、現地大学訪問などを行う場合もあります。

※事情科目は、「商大での事前・事後授業」と「海外研修」を組み合わせて、単位を認定するものです。実際に海外に渡航する前と帰国後に、所定の授業参加が必須で、海外研修だけに参加することはできません。

応募要件

プログラムに応募するためには、「TOEFL」スコアの提出が必須です。商大では学内TOEFL ITPテストを実施していますので、応募を考えている方は積極的に受験してください。また、一定の学力要件を満たすことも求められます。

応募方法

参加の募集は、前期実施2プログラム(海外研修は夏季休業期間)と後期実施2プログラム(海外研修は春季休業期間)に分けて行います。

募集人数は、「各プログラム15名」です。応募者には応募書類と合わせて選考試験課して総合的に判定し、参加者を決定します。

募集に先立ち、学内で説明会を行いますので、興味のある方は、必ずご参加ください。

前期スケジュール 募集説明会4月中旬、応募締切5月下旬
後期スケジュール 募集説明会10月上旬、応募締切11月上旬
▲ 上に戻る